過去の配当金がどれくらい出ていたか

銀行にお金を預けると利息を得ることが出来ます。どれくらい得られるかは事前に金利が決められています。ですから自分の希望する金利を設定している銀行を選べば一定の利息が得られます。株式投資の時はどうかですが、残念ながら事前に知ることはできません。ただし、利息に似ているものとして配当金があります。利益が出た時、株数に応じて受けることが出来るお金です。過去の配当実績などから、どれくらい出るかはある程度予測することが可能です。

将来の値上がりを想定して利回りを計算

銀行預金は利回りの計算が非常に行いやすいです。金利が表示されていますが、それがそのまま利回りになります。株式投資の場合は、利回りはわかりません。元本保証もされていません。必ずこれだけの利益が出るとの約束はありません。ただ、投資をする側が予測をして投資をすることはできます。この株が5年後に10パーセント上昇するとすれば、年平均で2パーセントの利回りがあったことになります。1年ごとに計算をすることもあります。

株主優待を金銭換算して計算する

株式に投資をすると、配当金を受けることが出来ます。配当金はお金です。それ以外に株主優待を受けることが出来ます。商品などを受けることもありますが、商品券やサービス券、割引券などを受けられることもあります。よく使う商品券などであればそのまま利益として計算しても良いですし、あまり使わないなら売却することを想定して計算することもあります。商品券などは、チケットショップで額面の90パーセントぐらいで売却することが可能です。

株の信用取引の金利に目を向けることで、損失額の発生を最小限に抑えることができ、安定した取引が可能となります。