不動産投資信託って何だろう

Jリート(不動産投資信託)とは、日本に所在するオフィスビルやショッピングモール、物流倉庫などを出資者から集めたお金で購入して運営し、その収益から諸経費を差し引いたお金を出資者に再び分配する仕組みの金融商品のことです。不動産という名前は付いていますが証券化されているので、株式銘柄同様に取引市場で売買出来ます。本投資信託の一番の特徴は、個人では到底購入出来ない億単位の不動産経営に僅かなお金で参加出来ることです。

不動産投資信託の魅力とは

不動産投資信託ならではの魅力のひとつが、少額から始められることです。通常の不動産経営を個人が始めるためには莫大なイニシャルコストが必要ですが、本投資信託なら数万円からでも参加可能です。世に投資信託は沢山存在しますが、その中でも特に安全なのがJリートだと言っても過言ではないでしょう。Jリートが取り扱う不動産は、専門家が選定したものばかりだからです。たとえばそれはいまだ人口増加が続く都心の商業施設だったり、オフィスビルだったりします。個人でもそのような不動産が確実だということは分かっていますが、高額すぎてとても買えるものではありません。個人では買えない有利な不動産ばかりを扱っているからこそ安全であり、利回りも4~6%と高水準で推移しています。

不動産投資信託と相性抜群のNISAを活用しよう

NISAとは、税制面で有利になる期間限定の特別な個人口座のことです。毎年100万円を上限として税金を課せられない投資を行えるので、上手く利用することで投資効率が良くなります。NISAはデイトレやスイングトレードなどの回転売買を想定していません。基本的に長期保有を前提に作られたものなの出、同様に長くホールドすることになる不動産投資信託との相性が抜群です。ですから、Jリートへの投資を検討しているのであれば、あらかじめNISA口座を開設しておきましょう。

j リートのファンドは投資家から集めた資金を不動産に投資してそこから生じる賃貸料や売却益を投資家に配分する仕組みとなっています。