中卒から大学へ入学?

通信制大学と聞けば、そこで勉強するのは会社に勤める社会人や高校卒業以上の資格を持つ人たちという印象が強いのではないでしょうか?意外と知られていない1つ目は、特修生といって大学出願資格である高卒資格を持っていない人でも大学に入学することが出来る制度があって、そこで単位を取得して、必要な単位を取得出来れば正式に入学することが認められます。ということは、実は中卒の方でも大学に入学出来る可能性はおおいにあるんですよ。

ハードすぎる?いやいや、意外と自由に学べます!

ここでは社会人を例にお話しします。通信制大学といえば、多忙な社会人としては会社に勤めるかたわら勉強して、そのうえ予習復習もしなければならないとなると睡眠時間も削られて体力的にも大変!と思いますよね。しかし意外と知られていない2つ目、通信制大学では長期履修制度といって、通常4年で卒業する大学ですが例えばそれを7年で卒業するというように予定時期を長くとれる制度があるので、余裕を持ってカリキュラムを組めるので多忙な社会人でも無理なく学習することが出来るんですよ。

学士資格があっても、通信制を利用してみよう!

大学卒業者つまり既に学士資格を持っていて、新たに大学卒業資格を取る必要の無い人でもまだまだ知識を深めたい分野がある、という人はいるのではないでしょうか?意外と知られていない3つ目、通信制大学にはそんな方のための科目等履修生という制度があります。必要な科目の講義のみをピックアップして学習することが出来るのです。4年制の大学では学びきれなかった分野の科目のみを自宅で学べるというのはとても便利な制度ですよね。

学びたい意欲が強いなら、通信制大学が最適です。自宅で学ぶことが可能ですから、社会人として働きながら勉強をすることもできます。