今更聞けない信用取引の基本

信用取引とは、簡単に説明すると証券会社からお金を借りて株式投資をすることです。自分の資金や株式などを担保にして自分を信用してもらうことで、自己資金以上のダイナミックな取引ができるようになります。信用取引のメリットは・自己資金以上の取引ができること。・空売りができること。・株主優待をお得に得られること。が挙げられます。信用取引にはルールがあります。信用取引は証券会社からお金を借りているので返済しないといけません。また、株価が下がって損失を抱えると追証が発生することがあります。信用取引は株に慣れて、リスク管理ができるようになってから検討したほうが良いでしょう。以下ではメリットとルールについて説明します。

覚えておきたい信用取引のメリット!

まずは自己資金以上の取引ができることです。現物取引では自己資金が100万円であれば100万円分の取引しかできません。それが信用取引であれば自己資金の最大3倍、300万円分の取引ができます。これをレバレッジ効果といい、てこの原理のようにうまく使えば利益も3倍になります。2つ目は空売りができることです。通常の株取引は株価が安い時に買って、高くなると売るというものです。空売りとは株価が高い時に先に売って、安くなると買い戻すという通常とは逆の取引です。株が下がりそうだなという時に信用取引ができればこの空売りをすることで利益を得ることができます。3つ目は株主優待をお得に手に入れることができます。株主優待付の株式は権利確定すると株価が下がる傾向にあります。そこで現物の買い注文と信用取引の空売りを組み合わせて、株価下落分を相殺させることでお得に優待を手に入れることができるというテクニックですね。

これを忘れると大誤算に!信用取引のルール

信用取引はあくまで証券会社からお金を借りることでできる取引です。上記の空売りもすべて証券会社からお金を借りて行っています。お金を借りている以上は返さなくてはいけませんよね。この返済は6ヶ月以内に行うことが原則ですが、最近は無期限信用取引という返済期間のない信用取引も出てきています。そして、お金を借りているということは当然利息が発生します。もう一つは追証が発生する可能性があることです。追証は追加で保証金が必要になることを言います。例えば、信用取引で買った株が急落してしまいました。この時に大きな損失を抱えてしまったわけですが、現在の自己資金ではこの損失分をカバーできない場合、追加で資金を投入しなくてはなりません。これができない場合証券会社が自動的に決済注文を行います。信用取引を行う際には返済と利息、追証があるということを考えて取引をしないといけませんので安易に手を出すと大きな損失を被る可能性があります。ですがこれを理解してリスク管理の下取引をしていけば利益を出すことができますよ。

信用取引とは、株取引における投資手法の一つです。証券会社から株式や株式購入の資金を借り入れ、株の売買を行います。