具体的な違いはどのようなもの?

クレジットカードは、発行された会社から審査の上で加入を認められて、利用限度額までの立替払いが可能となるもので、分割や一括などの支払いを選択できます。カード会社のサービスにより、保険等の補償や、優待特典等が充実していますね。一方のデビッドカードはキャッシュカードと一体型で、銀行の預金口座と結び付いていて、残高の範囲での利用が可能となっています。銀行がステージ制を採用していれば、サービスの利用でランクが上がるごとに、手数料の軽減や金利の優待等を受けることもありますし、外貨預金とも結び付いている場合には、海外に行った時にお得な手数料で現地通貨を通達することもできますよ。ATMまで現金を下ろしに行かなくても、国際ブランドの決済システムを利用して、クレジットカードと同様に決済ができます。注意したいのは、審査がないために信用度が低く、一括払いしか選択ができないことですね。

クレジットカードとデビッドカードの見分け方

クレジットカードもデビッドカードも、券面にカードの国際ブランドが付けられていることが多いので、一瞬見分けるのが難しいかもしれません。ネットショッピングする際にも、双方同様に、ネット用のパスワードが設定できたり、セキュリティコードが利用できたりするので、使い方もほぼ同様です。一つ目安にするとしたら、カードの名義の箇所でしょう。クレジットカードでは、名前が先で、名字が後に来るようになっていますが、デビッドカードでは、逆に名字が先で、名前が後に並ぶようになっているものが多くなっています。

デビッドカードは誰でも利用できる?

デビッドカードはクレジットカードと違い、中学を卒業した方であれば、たいていの方が申し込みができることが多いです。審査がないカードが多いので、債務整理をしてクレジットカードの利用が難しい方でも取得できます。ただ、預金口座に当座貸越機能が付けられていると、審査をされることがあり、キャッシュカードにデビッドカードの機能を見送られることがあります。決済をした時に残高が足りない場合は、自動的に立替払いするシステムが付いているために、お金を貸付しているのと同じ状況になることから、審査が必要となるのでしょう。審査に不安があるなら、当座貸越が付いていないカードを選ぶようにしてくださいね。

クレジットカード決済代行サービスは、カード会社の審査にパスすることが難しい個人や法人にとって欠かせない存在です。手数料を支払うリスクに見合ったメリットを得られるからです。